ファンレター未満

今すべてが始まる

Travis Japanからもらったhappyレターを読んで考えたこと、感じたこと

2007年、アイドルに初めてファンレターを書いた。
『探偵学園Q』に出る山田涼介くんがなんだかとっても気になった。
デビューを発表した横アリでのコンサートが、フジテレビで生中継されていた。
12月には東京ドームでJUMPのデビューコンサートがあり、
生まれて初めてジャニーズのコンサートに行った。
 
母も妹もJUMPが好きだったけど、ファンレターを書いたことは知られたくなかった。
山田さんに書いたファンレターは絶対に見つけられたくなかったので、
書き終わるまで、絶対に自分しか開かない辞書に挟んで保管した。
山田さんにファンレターを書いたのはその1回きりで、
大学生になり、成人して、社会人になって働き始め、
その間ファンレターを書くことはなかった。
 
Travis Japanを好きになって初めてファンレターを書いたのは、
2018年のSummer Paradiseの時だった。
始発の電車でTDCに向かい、アクリルスタンドを買うために並んだ。
「暑い」しか思うことがないと、
頭の中まで外と同じ温度になってのぼせそうだったので、
周りの人が、トラジャのファンのかたがどんな人なのか観察することに集中した。
 
たまたま何列か前に並んでいた如恵留くんのファンの方が、
如恵留くん宛の手紙を手に持っていた。
なんとなく同年代くらいかな、と直感で思った。
(高校生とかだったら…本当にすみませんでした)
 
その方はTシャツに細身のスキニージーンズ、
という爽やかで溌剌とした如恵留担さんだった。
その方の元々の魅力ももちろんあると思うけど、
手紙にどんなことを書いたか友達と話しながら、
ケースに入れたファンレターを大事そうに持つその如恵留担さんが、
とてもかわいらしく、輝いて見えた。
 
ファンレターを書く・書かないは個人の自由であって、
大人になったからと言って、書いてはいけないなんてことはないのだと思った。
だってこんなに素敵な表情をしているのだから。
好きなもの好きと言える勇気だけは手放したらダメだ。

どうやらサマパラでは、場内で係員さんにファンレターを渡すと、
メンバーに届けてもらえるらしい。
私は数年振りにファンレターを書いた。

初めてTravis Japanから手紙をもらった。
1人1人にお返事を書きたいのは山々だけれど、
いま手紙を出すことが、メンバー本人や事務所、郵便局の迷惑にならないのか、
私には判断がつかないので、
手紙について感じたことを忘れないようにここに書いておいて、
事態が収束したら、またファンレターを出せたらと思う。
f:id:miimoon:20200427231403p:image

中村海人くんの手紙。
 
「こんにちは」って書いたところで
(お昼に読む人だけじゃないかもしれない…)
って思ったのか分からないけど、
夜に読む人にも朝に読む人にも気を遣っている。優しい。
読点を使うことが苦手で、所々カタコト。かわいい。
 
「自分から書いてみよう、な時」とか「自分から書いてみよう!な時」とか
読点を入れたり少し変えるだけで読みやすくなるよ!とつい赤ペン先生になってしまう。
 
そして、字の上手さはダンスの上手さに比例しない(変にオブラートに包むな)。
もう『ふいうちスプリング』というか、
…さながら『じがへたスプリング』です(やめなさいよ)
 
嘘です。中村さんの書く字はなんでも愛らしい字に見えます。
気持ちが籠っているのが伝わってくるから、巧拙なんて関係ないです。
 
私が家で何をしてるかですけど、
家にいる時間は、ウォッショーハンズしたり、掃除したりご飯作ったり、
『進撃の巨人』の最新巻を読んで「いよいよ佳境に入ってきたな…」と
感慨深く思って、
巨人と新型コロナウイルスの共通点を探したりしながらアニメを見返しています。
もちろんとらちゅーぶも観てます。
 
あとうみちゃん、キスマイ兄さんのDVDは観られるんだけど、
JUMPお兄たんのDVDは、残念ながら観られない。
そう簡単にはJ Stormっていう所が発売してくれないんだよ…(真顔)
もちろん発売したら観ます。
 
YouTubeの配信も、「元気になってくれると思ったら、うれしくてたまらなかった!!」と
書いてくれたけど、ファンの方こそうれしくてたまらなかった。
仕事が終わって帰りの電車をホームで待っている時にYouTubeを観たら、
山Pと一緒にトラジャが踊ってて、その上オリジナル曲まで披露していて。
バックとしてのコラボだけだと思っていたから、
夢ハリのイントロが聞こえた時は本当に夢みたいでした。
 
手紙の中で、『エンター7(セブン)』と、
今回中止になってしまったコンサートのタイトルを出していたのは、
うみちゃんの手紙だけだった。
 
『ENTER1234567』が中止になってしまった悔しさとか悲しさとか、
どこにもぶつけられなくて行き場もなくずっと持っているような気分だったけど、
うみちゃんが「絶対にあると信じて!!!!!!!」と力強く伝えてくれたから、
前向きで柔らかい気持ちになれました。ありがとう。
 
実現できるか分からないことでも、
100万回再生もドラマ出演も実現してきたうみちゃんが言ってくれると
いつかきっと、と思えます。

『ハケンの品格』、放送開始を楽しみに待っています!!!!!!!

七五三掛龍也くんの手紙。

去年のぷれぜんとでしめちゃんが足を痛めてしまっていたと書いてあった。
気づかなかった、それくらいしめちゃんはいつものしめちゃんに見えた。
YouTubeの撮影の後も「反省会しよう」と呼びかけるのはしめちゃん、
と雑誌で読んだのを思い出した。
プロ意識が高い。本当に尊敬します。
あまり自分から言いたくなかったことかもしれないけど、
教えてくれてありがとう。
去年FREE HUGS!でも怪我してしまってたから、
「もしかして厄年…?」と思っていま調べたら2019年が本厄だった。
後厄だから、今年も十分に気をつけてほしい。
しめちゃんの手紙は、しめまるを呼んでもそう思うけど、
ファンに寄り添ってくれて、温かみのある言葉がいっぱいだと感じます。
4月18日のしめまるで、とらちゅーぶのドライブについて、
宮近くんに「ほんとはもっと騒ぎたかっただろうに」って
書いていたのが本当に優しかった。
ナビ係に決まった時、宮近くんは「面倒くせえ!笑」って言ってたけど、
賑やかにしてる方にいたかったんだろうな、しかも時間押してる感があるから、
ナビする方にもプレッシャーがあるだろうし…
でも「面倒くさい」って言うと初めて見る人には
誤解されちゃったりするのかな、とめそめそと思っていた。
だからしめちゃんがそういう風に書いてくれて、
すごく安心しました。
「できることはあまり多くはないけれど」って書いてあったけど、
こんな情勢の中でもTravis Japanから毎日のように幸せな気持ちにしてもらっているから、
全然そんなことないです。
大きな所だと、たとえば『Wash Your Hands』をサッカー選手がカバーして、
YouTubeにアップして手洗いソングがより多くの方に広まったり、
ジャニーズ事務所から医療機関にマスクと防護服が届けられるのもすごいことだよ。
有料映像配信サービスにもしもトラジャも出演するとしたら、
トラジャのパフォーマンスを観ることが、
それがいま新型コロナウイルスと直接対峙している方々への支援にも繋がる。
そういう場所で活躍してるしめちゃん、すごくかっこいいです。
 
追伸
しめちゃんの「近況」っていう青のストライプの洋服のISLAND TVが
あまりにもかっこよすぎて、Twitter上で倒れる人が続出してました。

j-island.net


次のコンサートの髪型候補にこの時のスタイルも入れてほしい…!
 

川島如恵留くんの手紙。

「おはえりすめんてん!」とか「どぉも!」とか、
最近ののえまるはテンション高めの挨拶で始まる頻度が高かったから、
冒頭の挨拶から特別な感じがして、姿勢を正して読み始めました。
「おはえりすめんてん」がきっかけで、
はなおでんがんさんのYouTubeチャンネルを初めて観ました。
 
今年に入って、2020年トラジャごとで言霊になればいいなと思ったものを
いくつか考えたんだけど、
そのうちの1つがまさしく如恵留くんの言う「健やか」でした。
まだ2020年は半分以上残っているのに、すでに叶っていることも
たくさんあって、Travis Japanって本当にすごい。
これを書いた頃は、「新型コロナウイルス」なんて聞いたこともなくて、
去年と同じようにコンサートもできて、虎者も巡業できて、
去年と違ってできることが増える年だとのんきに思ってた。
ただ、去年よりも立てるステージが増えれば増えるほど、
怪我のリスクも増えてしまう。
 
去年の11月も、
中村海人くんが鼻血出しちゃったとか、
閑也くんがトランポリンにいなかったとか、
公演後にTwitterに上がるレポを見ては心配する毎日で、
去年は1ヶ月だけだったのが、今年は公演が2ヶ月に渡ることが発表されていて、
嬉しい反面、怪我が本当に怖かったです。
だから特に怪我、他にも風邪やインフルエンザにならないように…
という意味で考えてた。
 
いつまでこの状況が続くか分からないし、
ソーシャルディスタンスを保つことがいつまで必要なのか、
いつコンサートや舞台の公演が開始できるのかも分からないような状況だけど、
トラジャが元気に健康で過ごしてくれているだけでも、
ファンにとっては力になります。
ファンの健康にまで気遣ってくれてありがとう。
 
好きな漫画の『進撃の巨人』の中に、こんなセリフがあります。
主人公エレンの母・カルラの言葉です。
(最近読み返しているので、改めて進撃の良さを噛み締めている)

「特別じゃなきゃいけないんですか?
絶対に人から認められなければダメですか?
私はそうは思ってませんよ 少なくともこの子は…
偉大になんてならなくてもいい 人より優れていなくたって…
だって…見て下さいよ こんなにかわいい
だからこの子はもう偉いんです この世界に生まれて来てくれたんだから」

『進撃の巨人』 18巻より 

 

如恵留くんの手紙の中に、このセリフに似てるなと思う文章がありました。
ファンの中には、自分のようにトラジャを母目線で見てしまう人もいるので、
トラジャに対して思っていることをそのまま言われたような気がして、
ドキッとしたけど嬉しかったです。
ファンでいることを肯定してくれてありがとう。

吉澤閑也くんの手紙。

争いを好まず喧嘩が始まるとすぐに止めに入る閑也くんが、
厳しくて本質を突いたことを言っていてびっくりした。
たまたま入院している家族がいて重症化リスクの高い病気だったので、
早い時期からなるべく人の多いところには行かないようにしてたけど、
もし家族にそういう人がいなかったら、
自分にとって新型コロナがもう少し閑也くんの言う「他人事」に近かったら、
同じように早めに外出を避ける判断ができたかな、と省みるきっかけになりました。
 
もしかしたら緊急事態宣言の発令期間が長引いて、
外出自粛期間もさらに長引くかもしれないし、
そしたら「出かけたい」という気持ちが出てきてしまうかもしれないけど、
そういうことがあっても、閑也くんのこのメッセージを読み返せば、
改めて自分を律することができそうです。ありがとう。
 
non noで、「苦笑も笑い」って言ってるの見て、
閑也くんどんどん強くなってるなあって思った。
あと、閑也くんのギャグ(?)で好きなのは、
去年のたまアリで宣伝事を訊かれた時に発していた
「WiNK UPに出ます!!」の一言です。

松田元太くんの手紙。

「早くメンバーにも会いたい」という文を読んで、
げんげんがグループのことが大好きなんだと知れて嬉しかったし、
トラジャがお互いに会えていないということは、
イコール事務所がトラジャを守ってくれているということだから、
ツンプルに安心した。
げんげんは「早くメンバーにも会いたい」って健気に言っているのに、
テレビ電話してる時もげんげん以外のメンバーはずっとゲームしてるんだもんね…笑
(4月14日のえまる参照)
そういうお兄さん方の様子を読んだり聴いたりすると、
「実はげんげんが1番大人なのでは…!?」と思うことがある。笑
 
「Travis Japanの回を最初から観てみて」とげんげんにお勧めしていただいたので、
今日は最初の企画会議回と、約1年後のしりとりダンス回を観た。

www.youtube.com


しりとりダンスの回で、私ここ本当に大好きなシーンなんですけど、
宮近くんがふざけて、Wカイトのどっちが悪かったかで多数決を取ることになった時、
「宮近が悪かったなって思う人?」ってうみちゃんが言って、
唯一げんげんだけが手を挙げていたのを見て、心根の優しい子だなって思いました。
お笑いの正解としてはみんなが「中村さんが悪い」に手を挙げることだけど、
げんげんはそれをちゃんと分かった上で、どっちにも手を挙げてた。
 
げんげんは、人がそうされたら嬉しいと思うことを、
自然とできるのが素敵なところだと思う。
「最後まで読んでくれてありがとう」をマネしてみた、っていうのも
熱心にファンレターを読んでるから思いついたんだろうなと思う。

松倉海斗くんの手紙。

どこまでも澄み切ったまつくの文章だと思った。
悪い意味では全くなく、まつくの手紙は他のメンバーみたいに
「こんなことがあったの初めて知った」とか
「実はこんな風に考えていたんだ」とか
衝撃とか意外性みたいなものがなくて、
「愛と感謝」「魂」「表現」というものが、どんな状況であっても変わらない、
まつくがファンに対して届けたいものなんだろうなと思った。
まっすぐに伝えてくれてありがとう。
宮近くんがいつか「1番繊細なのは元太、松倉は繊細ぶってるだけ」
という内容のことを雑誌で話していたけど、
実際はまつくは精神的にはすごく安定しているのかもしれない。
手紙を読む速さから1つ1つの言葉を大切にしているのが伝わってきた。

宮近海斗くんの手紙。

宮近くんは、目標を訊かれると、
「目の前の仕事に取り組むことが次に繋がる」とよく話していて、
具体的に「これがしたい」という内容をあまり読むことがなかった。
「もう一度、横浜アリーナに立ちたい。」と話す、
an an(No.2103)のインタビュー内容を読んだ時、
そこにはどんな理由があって横浜アリーナに思い入れがあるのかは書かれていなかった。
漠然と、
横浜アリーナでの単独公演に思い入れがあるんだ、
ってことしか分からなかった。
横浜アリーナに立ちたい、と言っていた理由を教えてくれてありがとう。

初めて行ったトラジャのコンサートが横浜アリーナの初の単独公演だったけど、
少なくとも私にとっては、Travis Japanのパフォーマンスは本当に素敵で、
不安とか緊張とかそういうものは見えなくて、
立つべくしてこのステージに立っているんだなと思った。
 
Travis Japanがその公演で歌っていた大好きな歌が、
宮近くんの手紙と重なった。

寂しい時には 僕がいる for you 僕がいる
悲しい時だって 僕もいる for you 僕もいる
I’ll Wait for You

www.youtube.com

V6/ Wait for You

 

Travis Japanが、ただ元気に日々を過ごしてくれていたらそれだけでうれしい。
終わりの見えない、世界を大きく変えてしまうようなこんな状況の中でも、
もしトラジャが変わらずに大きな夢を見続けているのなら、
ステージで輝いているのが見られる日を、指折り数えて待ちたい。